イチョウ爆弾

“ぎんなん”の季節になりました。公園では争奪戦が始まりますが、イチョウ並木の通勤道は、ぎんなんを踏むと臭いがつくのでみんなよけながら歩きますが、よけきれない道があります。それにしてもイチョウの木は古代からこの方法で生き延びてきた木らしく、実の落とし方も大判振る舞いです。

KC4D0304

KC4D0304


よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :