安乗(あのり)文楽

写真の整理をしていると9月のことですが安乗文楽を見に行っていました。志摩市の安乗(あのり)でお正月以外は年に一度しか公開されない文化財でした。神社の境内にテントを張り演じられました。ちょうど東南アジアの影絵なんかを見る雰囲気です。中学生、高校生、保存会の人の舞台がありその間に踊りあり、最後にカラオケありの盛り上がりでした。

“おひねり”が雨あられのようにふり、写真の前のほうに積もっているのがみえます。舞台が終わると、グラウンド整備の土をかくような道具で集めます。

楽しかった。旅館のイセエビ、あわび、フグ料理もおいしかった。

dscn0169


よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :