農民の血が騒ぐ

dscn2564

今日は大型書店のフロア案内版の原稿を作っています。平面図にトイレや、どんな種類の本がどこにあるかというような案内図です。CADで書かれた図面をひたすらなぞって、色をつけてと・・・こういう単純作業は、結構充実感があって好きです。半日やっても何も出来ないような考える作業は本当につらい。

庭の雑草抜きをやりだすと止まらなかったり、らっきょの皮をむくのが好きだったり、山のようにあるものをひたすら処理していく作業が好きなのは、きっと私の先祖が農民だったからだと思います。小さい時縁側で試供品の薬の空き瓶を箱いっぱい並べて、蓋を全部はずして、混ぜて、又一個ずつ蓋をして遊ぶのが好きでした。


コメント

  1. M2号(はにわ) より:

    そんなM1号さんには、ぜひとも畑を耕していただきたいです!

    と思っております。

    そうすれば、、採れたての野菜を食べ、健康に過ごせ、
    家計も助かり、うふふ。

    まさに理にかなった状態ではないですか!

    まちがいなく、本領を発揮できるような気がするのですが、、、。

    そうなった場合は、農耕部を発足せねば。

  2. カイユ より:

    とりあえず、うちの畑の草抜きに来て下さい。
    今なら、収穫体験もできちゃうよ。

    葉っぱに隠れたインゲンを見つけ出して収穫するのは
    草抜きに匹敵するくらい農民魂が揺さぶられます。イヒ!

  3. mangrove より:

    垂井の庭のめどがついたら行きます。

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :