逃げる 

e5908de7a7b0e69caae8a8ade5ae9a-113

逃げをみる。逃げる。逃げがない。逃げておく。

寸法に余裕を持たせることを”逃げる”といいます。

幅1800mm(内装では寸法をmmで言います。さんびゃく といえば300mm、せんはっぴゃくといえば1800mm、さんびゃくアールといえば半径300mm)の空間に幅1800mmのものは入りません。不思議ですね。無理やり入れると壊れるか、抜けなくなります。

そこで10mm(これまた とおみり という)くらい”逃げて”幅、1790mmにすれば入ります。

1795mmでも頑張れば入ります。1798mmだと分かりません。

10mm逃げることを 10mm盗むという人もいました。いいですねえ。1800mmの家具です、でも実際は”おさまる”ように10mm盗んで実は1790mmなんですねえ。

3000mm角の床に1000mm角の材料を9枚貼ると絶対少しはみ出ます。不思議ですね。1000x3=3000ではないのです。

3000mm幅の材料から1000mm幅のものを3つ作るのはむつかしいちょっと足りません。3000÷3=1000ではありません。お菓子のようかんは大丈夫かもしれません。

おもしろいなー


コメント

  1. RK80 より:

    寸法をセンチメートルで言うとトーシローに見られます。

    壁との隙間は目地にする(目地逃げ)方法で納める事が多いです。
    ここもいかに奇麗に納めて奇麗に見えるかが問われるところです。

    3000mmから1000mmを3つは絶対不可能ですね
    厚さ0mmののこぎりがあれば可能かもしれません。

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mangrove0618.com/wp-content/themes/mangrove/sidebar.php on line 61