父と遊ぶ

私(M1)の父親が亡くなって長い時間が過ぎましたが、仕事でネタに困ると父親の描いた絵や、版画を使ってパッケージや、パンフレットを作ることがあります。今”鰆”(さわら)を使った食品のパッケージに文章もそのまま使えないか企んでいます。ただ”へそまがり”だった父は、メジャーな魚や貝の絵はどこか手抜きで、わけのわからん”ふなむし”のようなマイナーな生き物の絵は、異常な情熱を感じます。

父の作った物を使ってのものづくりは、何か楽しくなってきます。どこか遊んでもらっている気になっているのかもしれません。

さわら


コメント (1)

  1. M2 より:

    さわら 上品で美味なり。同感です~

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mangrove0618.com/wp-content/themes/mangrove/sidebar.php on line 61