鳥羽でお屠蘇講習

SN3V4961

今年も鳥羽商工会議所さんでお屠蘇講習に参加することができました。名古屋からはなんと8人という大勢で参加できました。
参加してくださった皆様遠路はるばる鳥羽までお越しいただきありがとうございました。

当日は漢方の先生から何故お屠蘇を頂くのかとか、どんな生薬なのかとか、どのタイミングでいただくと良いかなど、詳しく説明してもらいます。
その後、生薬のひとつひとつの香りを確かめて、その場で調合して小包する作業をします。
橘皮(45%)山椒 桂皮 白朮 浜防風 桔梗 丁子と七味の生薬が入っております。鳥羽のお屠蘇散は橘皮が45%と贅沢に入っているのでちょっとそこらの屠蘇とは違います。とても香り高いのです。
この七味には漢方でいうと温の成分ばかりのものです。
我々包む作業しながら身体が熱くなってくるのがわかります。香りだけでも効能は速攻なのです。凄いですね。
是非、元旦に家族でお屠蘇を召し上がってください。
お正月は鳥羽の旅館でふるまわれるお屠蘇です。

是非是非鳥羽へお越しください~

鳥羽の屠蘇散については鳥羽商工会議所http://toba.or.jp/へお問い合わせください。

 

 

 


よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mangrove0618.com/wp-content/themes/mangrove/sidebar.php on line 61